初めての方も大歓迎!あなたの携帯電話を高額査定致します★どうぞお気軽に査定をお申込ください!

iPhoneのバッテリー交換および長持ちテクについて

iPhone買取の電話王のコラムページです。

携帯買取の電話王TOP > コラム > iPhoneのバッテリー交換および長持ちテクについて

iPhoneのバッテリー交換および長持ちテクについて

バッテリーの劣化が早いと感じたら


バッテリーの劣化というのはスマートフォンを使っている方々ならば避けられない現象ではありますが、あまりにも劣化や消耗が進むとちょっと使っただけですぐに充電がなくなるので、使い物にならなくなってしまいます。決められた年月日にiPhoneを購入して保証サービスに加入したならば、「電源を維持する対象デバイスのバッテリーの能力が正式な製品仕様の80%未満しか発揮できなくなった」場合に限り、無償交換が適用されることがありますのでそちらを利用するのが最適と言えるでしょう。
問題はこのバッテリーの能力がどれほどまで劣化しているのかを確認する方法になります。バッテリー消耗度を診断するアプリなども配信されていますが、公式の診断方法として推奨されているやり方ではありませんので、目安としての使い方といえるでしょう。ほかにも自力で診断する方法としてサポートページを経由して色々と選択肢を選んで診断してもらうという方法もありますが、こちらは少々複雑ですのでお店に行って診断した方がいいでしょう。場合によっては無料診断をしてくれますので、有効活用するようにしてみましょう。ただし携帯ショップなどでは施設が整っていないのでそれらの確認はできません。必ずストアで確認するようにしてください。
バッテリーが劣化することで操作が鈍くなってしまいますし、使い勝手もかなり低下します。そのため、ちょっとでも違和感が出てきたのなら診断およびバッテリー交換をしてもらうようにしてください。その後はできる限りバッテリーを消費しないようなやり方を理解して、長持ちできる対応を心がけるようにしましょう。ちょっとした工夫で消耗を抑えることが可能ですので、覚えておくといいでしょう。

バッテリーの劣化を抑える方法について


スマホを使っている人ならばどのメーカー製に限らず同じような機能が搭載されております。その機能の中でも意外と消耗を激しくしているものがありますので、それを操作してみることから始めてください。一つ一つの積み重ねがバッテリー交換の頻度を減らせます。
はじめに指摘をしたいのは明るさ調整機能です。この機能は気にしない人がかなりいるのですが、明るさの自動調節をONにしていると結構なバッテリー消費になります。この機能はスマホを操作している限り自動的に働いているので、消費率は高いのです。そのためOFFにして自分で調整するようにしてください。ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、その面倒さがちゃんと結果につながります。
あとは消費として気になるのはダイナミック壁紙やLive壁紙です。これはiPhoneのある意味特徴的な機能でホーム画面やロック画面もこれがあると楽しむことができますし、見ていて楽しいものです。しかし、この機能はかなりバッテリー消耗が激しいです。そのため、バッテリーのことを考えるのなら静止画の壁紙を使うようにしてください。
ほかに気をつけたいのはWi-Fi機能やBluetooth機能でしょう。今では当たり前となった両者の機能ですが、これにもちょっとした落とし穴があります。非常に便利な機能である両者ですが、使っていないときでもバッテリーを消費しています。そのため、使わない場所にいるのなら、こちらもOFFにする癖をつけます。Wi-Fiはパケット代を減らすために非常に有能な方法ではありますが、使わないときはOFFにしましょう。両方ともホーム画面から設定を開いてONとOFFを切り替えてください。

ほかにもOFFにしておきたい機能は多い


バッテリーの劣化およびバッテリー交換の頻度を減らすためには、余計な消耗を減らすことです。そのため、普段使わない機能および利用しない機能は使わないようにしましょう。先ほどもいくつか紹介しましたが、まだまだ使わないのならOFFにしておきたいものがあります。
iPhoneをモバイルルーター代わりに利用できる「テザリング機能」、海外の通信事業者経由でデータ通信が可能となる「データローミング」、データのバックアップなどに使うクラウドサービス、写真やファイルの送受信および連絡先の交換が可能な便利機能などをまずはOFFにするようにしましょう。特にこれらの機能は使っていない人もいますので、今一度確認することから始めましょう。気づいていないだけでONになっている可能性があります。
特に注意が必要なのは情報共有機能です。使い慣れている人たちにとっては非常にありがたい便利要素が多いのですが、他に保有しているiPhoneにも情報共有が発生するようになり本名を通知してしまうこともあります。そんなことにならないようにするためには、有効範囲設定をするか、使わないのならOFFにする癖をつけましょう。
ほかに気にしてほしい機能は音声指示で様々なアシストをしてくれる機能も使わないという人はOFFにしましょう。こちらは便利な機能で使っている人も多いでしょうが、毎日使う人でも何十回も使うことはさすがにありません。使わないときはやはりOFFにしてください。また、バッテリーを多く消費しているアプリは何なのかを調べて、任意で切るか不要ならアンインストールすることです。設定から一般にいき、使用状況からバッテリー使用状況を見ることができるので、そこで消費量が激しいものを調べて判断するようにしましょう。

次の記事へ

 

お問い合わせ携帯買取のご相談は今すぐ!

盗品はお断り

不正入手・契約NG

古物商取得

携帯買取の電話王は古物営業法に則り事業を行う会社です。

古物商許可書

セキュリティ対策は万全

当サイトは、携帯買取 電話王の実在性を証明し、お客様のプライバシー保護のため、SSL暗 号化通信を実現しています。