初めての方も大歓迎!あなたの携帯電話を高額査定致します★どうぞお気軽に査定をお申込ください!

白ロムになってる?調べ方とSIMフリーとの違い

iPhone買取の電話王のコラムページです。

携帯買取の電話王TOP > コラム > 白ロムになってる?調べ方とSIMフリーとの違い

白ロムになってる?調べ方とSIMフリーとの違い


白ロムとは?何に使えるの?



白ロムとは電話番号の情報が登録されていない端末の事で、SIMカード対応機種ではSIMカードが入っていない端末、SIMカード非対応機種では電話番号の情報が消去された端末の事を指します。ほとんどの携帯電話に挿入されているSIMカードは、電話番号や契約を特定するための役割を果たすICカードです。このSIMカードが入っている事で、通話やデータ通信を自分の契約内容で使用できるようになります。

何に使われるかというと、SIMカードが入っていないため、そこに使いたい人のSIMカードを入れるとその人の契約で利用が可能となります。携帯電話ショップで機種変更をして新しい端末を購入したら、古い機種は値段が良ければ下取りに出す事もありますが、大抵は持って帰ります。持って帰った後は、携帯電話の中にある今まで使っていたデータなどを新しい端末に移したり、データを誰かに見られないよう消去したりしますが、その後は使われず放置されることが多いです。このようなSIMカードが入っておらず使わない端末を業者に買い取ってもらったり、欲しい人に譲ったりすることで有効活用ができます。

今使っている携帯電話が使いにくかったり不具合があったりして、早く次の携帯電話が欲しいと思っている人や、2年や3年使わないと割引がなくなるけど、他の携帯も使って見たいという人におすすめです。また、販売価格が安いのでWi-Fi環境でゲーム専用機として購入する人もいます。



白ロムの調べ方と端末の状態



SIMカードが入っていない端末を白ロムと言いますが、状態によりいくつか呼び方が存在します。SIMカードが入っている端末や、SIMカード非対応機種で電話番号の消去が行われていないものを「黒ロム」と呼びます。SIMカード非対応機種で電話番号の書き込みはあるものの一度も契約されていないものを「半黒ロム」と呼び、ショップの在庫などが該当します。また、SIMカード非対応機種で電話番号が書き込み済みで、消去されないまま解約された端末を「灰ロム」と呼び、紛失などショップで消去ができなかった端末が該当します。ショップで消去してもらえば白ロムにすることができます。

そして、端末の分割金が未納だったりで支払いが滞納したり、盗難品と判断された場合使えないようにキャリアからロックされる事があります。そうなると通話もデータ通信も行えなくなり、そういった状態の端末を画面のアンテナが赤くなることから「赤ロム」と呼びます。

白ロムになっているかどうかですが、SIMカード対応機種であればSIMカードを抜いてしまえば白ロムになるためSIMカード挿入口を見れば分かります。SIMカード非対応機種では、電話番号が登録されているかどうかでの判断になるため、ガラケーであればメニュー画面から0のキーを押すと自局番号が表示されます。ここで「01234567または71234567」と表示されていれば白ロムです。

また、大手3キャリアでは各公式サイト上にネットワーク利用制限携帯電話機確認サイトがあり、赤ロムかどうかを確認できます。購入する際はこの状態を確認するのも大事ですが、販売店によっては購入後万が一赤ロムになってしまっても返金に対応してくれる保証がついている場合もあるため確認しておくと安心です。



白ロムとSIMフリーの違い



白ロムは同じキャリアでのみ利用が可能となっています。例えば、購入した端末がA社のものであれば、A社のSIMカードを入れて利用可能なため、他のキャリアのSIMカードを入れても利用ができません。そのため今自分が契約しているキャリアに対応している端末を購入し、契約内容も引き継ぎつつ利用するのが一般的です。また、利用シーンに合わせてSIMカードを入れ替えながら利用することもできます。

SIMフリー端末は、名前の通りキャリア問わずどの会社のSIMカードでも入れて利用が可能です。通常スマホ等の端末は、他社のSIMカードが利用できないようにロックがかかっています。そのロックがかかっていないもの、またはロックを外したものがSIMフリー端末と呼ばれます。格安SIMの普及で多くの人がSIMフリー端末を利用するようになりました。メインで使う携帯は大手キャリアの安定した通信で利用し、2台目の携帯電話として格安SIMとSIMフリー端末の組み合わせが増えてきました。格安SIMはD社の回線を借りて運営している会社が多いため、D社対応の白ロムを購入して利用することも可能です。

元々白ロムという名称はガラケー等SIMカードを使わない端末に使用されていましたが、呼びやすいという理由で今でも継続して使われ続けています。また基本的には中古品になるため、安く端末を購入したい場合や現在販売されておらず入手の難しい端末が欲しい場合に購入することが多いです。そのため、新品が良い場合や性能を重視するのであればSIMフリー端末を購入するという様に、購入する際は用途に合わせて選ぶことが重要となります。

次の記事へ

 

お問い合わせ携帯買取のご相談は今すぐ!

盗品はお断り

不正入手・契約NG

古物商取得

携帯買取の電話王は古物営業法に則り事業を行う会社です。

古物商許可書

セキュリティ対策は万全

当サイトは、携帯買取 電話王の実在性を証明し、お客様のプライバシー保護のため、SSL暗 号化通信を実現しています。