初めての方も大歓迎!あなたの携帯電話を高額査定致します★どうぞお気軽に査定をお申込ください!

携帯電話が水没してしまった時の対応法と買取依頼

iPhone買取の電話王のコラムページです。

携帯買取の電話王TOP > コラム > 携帯電話が水没してしまった時の対応法と買取依頼

携帯電話が水没してしまった時の対応法と買取依頼

携帯を水没させた場合の例


携帯電話を水没させるなんてことがあるのか、と一般的には思われるものですが、実際に水没を経験したことがある人は意外とたくさんいます。特に最近のスマートフォンはポケットにピッタリなサイズであるために、ポケットに入れていることを忘れてトイレでズボンを脱いだ時や、屋外で写真を撮っている時に水に濡れてしまうといったことが起きてしまうのです。
また、荷物に入れたまま洗濯機に入れてしまったり、ポケットに入れてしまったまま洗濯をしてしまうというようなケースもあります。そのため、自分はそのようなことをしないと思っていても、考え事をしていて注意散漫になってしまった時や、酔っ払っている時には思わず水没させてしまうことがあります。
昔は水没したらドライヤーで乾かせば治るとか、電子レンジで少し加熱すれば治るといったことが言われていました。しかし、これは絶対にしてはならないことであり、このような方法をとってしまうと復元ができなくなる可能性が高くなります。そこで、万が一の時のためにも正しい知識を身につけておくことが必要です。
世間では水没とまとめて言われますが、取るべき対応は濡れた水の種類によっても違います。特に海水に浸かった場合や洗濯をした場合、飲み物をこぼしてしまった場合というのは、きちんと分解をしなければ炭素が含まれるため電源を入れると内部が焦げてしまうこともあり、そうなると電子回路がショートをしてしまって復元が不可能となります。
また、修理についても電波基準法という法律によって無線機の型式認定を受けている当事者となるメーカーでなければ行うことができません。そのため、第三者に依頼をして作業をしてもらうということは違法行為になりますから注意をしましょう。

携帯に水が入った時の対処法


水没と聞くとその人の不注意で起こることと思われがちですが、実際にはそれだけではありません。中には歩いている時にゲリラ豪雨にあってしまったり、台風のような豪雨の中で作業が必要になったりした時に、傘やレインコートでは雨が避けられずそのまま濡れてしまうということもあります。また、子どもと海やプールにいて、子どもが溺れそうになった時に慌てて海やプールに飛び込んで救助をするというようなこともあります。そのため、携帯の水没を経験をするということは決して注意散漫な人に起こるだけのものではないのです。
万が一水没した時には新しいものを購入しなければならなくなりますが、その際にバックアップが取れていなければ前のデータを取り出す必要が出てきます。また、修理に出して復旧ができるというケースもあるので、まずは適切な対処方法を採ることが重要です。
水没をした時の対処法として、乾燥をさせることが重要となります。とりあえず電源がつくかと確認したくなりますが、すぐに電源は入れずに中までしっかりと乾燥するまで待ちます。その際に、少しでも水が出てくるようにと振る人がいますが、これもしてはいけません。振ることで逆に奥まで水が沁みてしまう可能性もあるためです。
乾燥をさせると同時に連絡手段を復活させる必要があるので、電話会社に問い合わせて代替機の準備や新機種の購入準備を進めます。この作業については、契約プランや状態、電話の機種によって行える対応が変わってくるため、自分のプランや機種に添って適切な対応を取ります。修理が可能な機種でも、水に濡れた状態によってはできない例もあります。

携帯の水濡れ機種を買取してもらう


最終的に中身を開いて確認をしてもらったものの修復不能とされてしまったり、乾燥させても復旧をしなかったりという状況になったら新しい携帯電話を購入することとなります。そうすると前の機種は故障したものとして使えなくなってしまいます。しかし、そのような故障機種であっても、場合によっては買取をしてくれる業者があります。
買取業者の中には電源が入らなくなってしまったものや液晶割れをしているもの、一部のボタンが作動しないもの、水没したものなどといった不良品についても買取をしてくれるというところがあります。そして、そういった業者であれば、機種によって買取価格があり、スマートフォンの最近機種であれば高額で買い取ってくれることもあります。
こういった買取業者というのは、中古品を買い取ったあと販売をしたり、バイメタルを含め使える部品のみを取り出して販売をしたりという方法をとって利益を得ています。そのため、こういった壊れたものであっても買取をしてもらうことができるのです。
最近では携帯会社からも買い替えにあたって下取りをしてくれるプランを設けているところもあります。しかし、水没をしたものであったり壊れたものであったりすると下取ってもらえない場合やかなり値下げした状態での買取となってしまったりすることもあります。そのため、価格によっては携帯会社での下取りをしてもらうのではなく、買取業者に持ち込んで買取をしてもらうことも有効な手段です。新しい機種を購入するとかなりの出費となりますし、せっかくならば少しでも高額で買い取ってもらいたいものなので、買い取り価格を比較して極力高値で買い取ってもらえるところを探してみましょう。

次の記事へ

 

お問い合わせ携帯買取のご相談は今すぐ!

盗品はお断り

不正入手・契約NG

古物商取得

携帯買取の電話王は古物営業法に則り事業を行う会社です。

古物商許可書

セキュリティ対策は万全

当サイトは、携帯買取 電話王の実在性を証明し、お客様のプライバシー保護のため、SSL暗 号化通信を実現しています。